会社概要

発行

株式会社 東京民報社

東京民報の概略

東京民報は、1965年に創刊しました。1960年代の東京は、自民党都議らの汚職事件、都知事もかかわる買収選挙事件など、都政での汚職腐敗事件が相次ぎ、都議会の解散をもとめる都民のリコール運動がすすめられたほどです。その一方で、人口が集中しているのにもかかわらず、福祉や教育、住宅などの対策がなおざりにされていたために、都民要求が山積していました。そのため「ポストの数ほど保育所を」「都営住宅の大量建設を」などという都民の要求運動、東京都政をかえる運動が大きく広がっていきました。
 東京民報は、そうした東京の政治革新をリードする、革新的メディアとして誕生。革新都政(1967〜1979年)をはじめ、日野市、中野区など都内各地に広がった革新自治体の実現と、その発展をめざす世論づくりに貢献しました。その後、自民党都政が復活するなかで悪政を告発し、都民要求を実現する運動とともに歩みをすすめ、米軍横田基地や臨海副都心開発などで様々なスクープを発信してきました。
 1994年より月刊紙になりましたが、2008年6月より週刊化、1面と4面をカラー化するなど拡充することができました。今後とも、紙面の拡充につとめ、暮らし、福祉、教育、平和、民主主義を守る都民のみなさんとともに歩み続けるものです。    

新聞の概要

毎週日曜日発行 ブランケット版4ページ(1、4面カラー)

購読料

月400円(郵送料込600円)

営業時間

営業時間(月〜金 9:00〜17:00)

所在地

住所  〒105−0015 東京都港区芝1−4−9 平和会館5F

電話  TEL(03)3798ー4030  FAX(03)3798ー4032

購読申込方法

  • 本サイト
  • メール
  • 電話かファクス
  • 「しんぶん赤旗」出張所

    購読料の支払い

    [郵便振替]
    お支払いは、ご自宅におうかがいする集金担当者か郵便振替でお願います。郵便振替 記号00110−1 番号133413

    配達方法

    東京都内は「しんぶん赤旗」出張所に委託し、お宅までお届けします。都外は郵送になります。郵送料は1カ月200円。

    購読の中止

    「しんぶん赤旗」出張所、集金担当者、電話、FAX、当サイト、メール