「もっと届けたい声がある」吉良よし子東京選挙区候補が訴え 参院選

 小池晃比例候補、吉良よし子東京選挙区候補の訴えが、共感を広げています。吉良候補の第一声(4日、新宿駅西口)の訴えを紹介します(大要)。

 私は就職氷河期世代です。60社にエントリーして内定が取れたのは1社だけ、会社員時代にはリーマンショックが起きて、同世代の若者が派遣切りで首切りにあう姿を目の当たりにしてきました。6年前、「若い世代が希望を持って働けない社会を変えたい」「ブラックな働かせ方をなくしたい」と訴えて、国会に送り出していただきました。

 以来、私は過労死を生み出すような働かせ方をなくすべきだと、何度も国会で訴え続けてきました。2015年、初めて首相と対決した時に求めた違法を繰り返すブラック企業の社名公表制度は今、実現しています。この制度で社名を公表されるのを恐れた三菱電機は、過労死の原因となる裁量労働制、ブラックな働かせ方をなくしました。

 みなさんと実現した新しい制度が、ブラックな働かせ方をなくす力になっています。あなたの声を政治に届け、政治を動かし社会を変える、これが日本共産党の議席です。

 給料が安いから残業しないと暮らしていけない、だから長時間労働もなくならない。過労死もなくならない。この悪循環を断つには、賃上げこそが必要です。私は中小企業への支援を抜本的に拡充して、最低賃金は時給1500円へ、8時間働けば普通に暮らせる社会を必ず実現します。

働く人の命を守る政治を実現したい

 何よりも私は、働く人の命を守る政治を必ず実現すると、過労死遺族のみなさんと約束しました。だからこそ長時間労働をなくしたい、賃上げだって実現したい。その仕事を引き続き国会でやらせてください。

 私には国会にもっともっと届けたい声があります。借金になる奨学金を借りなくても大学に通いたいという声に応えて、高すぎる学費を値下げしたい。保育園に落ちて働けない人をなくすため、保育園をもっとたくさん増やしたい。

 「子どもを産まないのが問題だ」「LGBT(性的少数者)には生産性がない」―。差別や分断を生む発言が安倍政権、自民党議員から繰り返されています。子どもを産むかどうか、だれを好きになるかは個人の問題です。自分の人生は自分で決める。選択的夫婦別姓、同性婚など十人十色の人生に寄り添える政治こそが必要です。それこそが憲法が生きる政治です。

 私はあきらめません。あなたの声を聞くこと、その声を政治に届けぬくことを。何としても勝ち抜きます。

(東京民報2019年7月14日号に掲載)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA